怪我が治った後は健康法として

執筆者 | 10月 9, 2016

H・Mさん(50代女性、 東京都狛江市在住)

私とタオ療法のご縁は、まさしく「怪我の巧妙」によるものでした。
自転車で転倒し、三日三晩、痛みで眠れず苦しみました。左側半身が打ち身、切り傷、そして左腕全体が捻れたような感じでした。
鍼治療やその他の治療を受け、2ヶ月も経った頃には、だいぶ良くなってきました。
ですが、親指の付け根、手首、手掌、手の甲などに感じる妙な痛み、前腕の捻れたような感覚が取れません。それと自分の体なのに何か違和感があり、どのように治したらいいのか困っておりました。

そんなある日、本屋でちょっと変わったタイトルに惹かれ、思わず手に取ったのが、遠藤先生の著書『気と経絡、癒しの指圧法~決まった位置にあるツボなどない~』でした。

それまで私の身体のメンテナンスは、柔道整復、鍼、カイロなどによるものでした。どこの施療室に行っても、人体のツボの位置の絵図が貼ってあったように記憶しています。
だから、《決まった位置にあるツボなどない》というタイトルに、びっくりしました。立ち読みしながら、心が揺さぶられました。

初めてタオ指圧を施療してもらった日のことは忘れられません。
「術者は、患者の心に共感しながら気を通して邪気を外に排出する」という、本に書いてあったことが実感できたのです。
それは、“私の手の平、足の裏から響きながら邪気が出ていく”感覚でした。

私が何も言わずとも先生は黙って理解し、自然の流れで施療されている感じがし、とても不思議な感じでした。
施療が進むにつれ、自分本来の体の感覚が目覚めてくるようで、終わった時は腕の捻れた感じも無くなり、それまで痛みで手を床につけなかったのが、つけるようになっていました。
また、身体にまとわりついていた陰みたいな曇りも取れて、軽くなった感じで帰宅しました。
その後、一週間位は体の中から邪気が出ていくような感覚が続き、それが終わると次はジワジワと暖かさが広がる感覚が始まりました。

それから数回通い、症状はほとんど取れ楽になりました。そして現在は、月一回をめどに、健康法としてタオ療法を受けております。
私は世話好きな性格で、なんやかんや忙しい毎日を送っており、気が付くと身体のあちこちに、軋みや痛みが出たりしています。
しかし、このような症状が出た時には、無意識に記憶されている古い傷が身体に現れて癒されたがっているのでは…と考えます。
それが癒されていく内に、オーラだって形がよくなり、綺麗な色に輝いていると思っております。(笑)

それから、最近気付いたことがあります。いつの間にか物事に振り回されない自分に成っています。また不思議なことに私の周りでは、良い意味でのシンクロニシティがいっぱい起きています。

運命が変わってきている、そんな気がしてなりません。