タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 23

**********タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 23(2021.4)**********

霊性と身体について

タオ療法臨床家の本田雅聖です。
今回は、これまでにないアプローチでお伝えしたいと思います。
タイトルに霊性と書きました。
少し前までは「霊性」という言葉を怪しく捉える方が多かったかもしれませんが、
最近では多くの方が受け入れられるようになったように思いますので、お話したいと思います。

タオ療法の臨床家は、ご存知かと思いますが、主に仏道修行をもって心の修養、氣の研鑽を積み重ねています。
お恥ずかしながら至らないところは数多くありますが、心の修養、いわゆる霊性を高めていくように修行をしています。
それは、自らに限らず、一切すべての霊性であり、患者さんにタオ療法という施療をするためには必要不可欠です。

そこで、霊性と身体のつながりをお伝えしたいと思います。
もともと人は、霊性を高めていく存在です。

現代では、その霊性を落とすようなものが多くあります。
このメルマガで伝えて良いものか悩みましたが、現在の世界の状況から、そう言っていられないように感じましたので、ここに書かせていただきました。

その代表的なものとして、二つあります。
「TV」と「食べ物」です。
ちなみに私は、TVの視聴も、添加物の摂取もヘビーユーザでした(笑)

TVに関しては、理由はあえて割愛させていただきます。
一つだけお伝えするとすれば、TVから発せられる氣は電波を通して、とても重く、氣持ちが良い氣であると言えません。意図的なとてもネガティブなものです。
このような氣は間違いなく運氣も落とすことでしょう。
ということは、身体に悪影響をもたらすものでもあります。

では食べ物はどうでしょう?
日本は断トツのトップで添加物を使用している国です。
ご存知でしたか?
なぜ、ここまでの添加物を使うのか?はっきり言って理解できないです。
戦前は無農薬で作物を作っていたことは説明するまでもありません。
私たちは戦後生まれてそれが当たり前と思っていますので、違和感なく生活しています。

参考 https://newsnachricht.net/environment/japanesefood

添加物が身体に良いものであれば、このように書く必要がないわけですが、はっきり言って身体に毒です。
具体的に言いますと、この蓄積がガン細胞の増加を引き起こすのです。
そして白砂糖や人工のアミノ酸も添加物と同じです。

あと、代表的なものとしてハンバーガーなどのファーストフードです。
某有名なピエロでお馴染みのファーストフード店の使われている素材はとても危険です。
これは身体を蝕むだけでなく、霊性が大きく下がります。

霊性が下がるということはどういうことかというと、思考力、感受性、判断力などが鈍ってしまいます。
もともと生まれながら持っている、人として感じたり理解できていたはずの力が落ちていくのです。
それは摂取量に比例し、その積み重ねは、現実にも大きく反映されています。

このコロナの世界をみると、とてもわかりやすいです。
この世界の状況は、現在の世の中の仕組みがおかしいということを明確に示してくれたようにも思います。

どちらが正しいかとか、そのような話ではありません。
本来、みなさんには正しく判断する力が備わっています。
当然、ワクチンが必要であるかどうかの判断もできるかと思います。

まず、添加物を摂る生活を極力避けていただく。
TVを観ない。TVの情報を心に入れない。

このような生活を1ヶ月続けてみてください。
必ず変化を感じることができるでしょう。。
もちろん1ヶ月だけではなく、続けられるようでしたら、続けてみてください。
続けられれば続けられるほど、思考や判断力などが冴えてくることを実感できるはずです。
これまでの自分が懐かしく思いますよ。

そうすることにより、活き活きとしたご自身に出会うことができますし、病を寄せつけない身体に近づいていきます。

みなさんの心身の健康を願い、今回のメルマガを書かせていただきました。
お読みいただきましてありがとうございます。

関連記事

  1. 免疫力アップ

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 30

  2. 秋の味覚

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 29

  3. タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 19

  4. Radio fields influence concept vector illustration.

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol.14

  5. 「報道の自由度」 日本67位

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 24

  6. フッ素入り歯磨き粉

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 22