健康と便利さの裏

健康と便利さの裏

文明が発達し、科学が進み便利な世の中になりました。 私たちが生まれた時でさえ、「随分便利な世の中になった!」と親より上の世代の方はそう思ったことでしょう。 実際そのような話を聞きました。 そして、現在はさらに驚くほど便利な世の中になっています。 便利さ快適さの行く果てはどうなるのでしょうか? 全ては虚実のように、バランスがありその便利さの裏では影を背負うということになります。 原発で働く人がいたり、某通販会社では翌日配送のために過酷な仕事をする人が出たり、その他たくさんあります。...
砂糖と目

砂糖と目

これまで砂糖の害を書いてきましたが、砂糖と目について書きたいと思います。 白内障になったと言われる、まだ若い患者さんの共通していたことがなんだったかというと、それは甘い物が大好きということでした。 そうなんです。砂糖は、視力の低下、白内障やその他、目にとても悪いのです。   そして患者さんを通して、ハッと気づいたことがありました。 もともと私は大阪市に住んでいました。大阪市のオフィス街でまわりはビルと人だらけ。京都のように緑の山や川もありません。そして私は乱視があり、徐々にひどくなっていました。...
「子どもが愛される世界を」

「子どもが愛される世界を」

なぜタオ指圧を人々と分かち合うのか? タオ指圧入門修練(準備)コースの講義で受講生の方にこのことを伝える。 その中の一つに『子どもが愛される世界を創るため』がある。 これは自分の子どもだけでなく、ということである。 先日、ある親子と別の親子、子どもは3、4歳というぐらいで信号の手前ぐらいを歩いており、青から赤に変わる時に、渡りかけた子どもの母親が「止まれ〜、渡るなよ!」 と、とても偉そうに言い放った。その言葉を聞いて、そんな言い方しなくてもと思った。...
症状の改善を早めるには?

症状の改善を早めるには?

ある患者さんに紹介していただいた、Sさん。 膝の痛みで施療に。 他にも症状があるのですが、正座ができず、歩く時も痛みがあり、そのため走ることもできないでいるのでした。 そんな痛みがあるSさんは、とても陽気でエネルギッシュな方だ。 そして何より、施療でも前向きに受けてくださる。前向きというのはネガティブな気持ちで受けていないということ、と併せて信頼して受けてくださる。ありがたいことです。 身体のポイントのほとんど(確認したところは)が気持ちイイか、効きますと言ってくださった。...
親が知らないということで…

親が知らないということで…

先日、父と祖母の納骨のため、弟家族と京都で会いました。 その帰りに、弟が長男に「学校でも家でも牛乳を飲まないとアカンぞ!」というやりとりをしていて、そしてその後もしつこく、牛乳を飲ませようとしていました。 私が「牛乳飲まないんや、嫌いなん?」と弟に聞くとその通りとのこと。 甥っ子に「飲みたくなかったら飲まなくていいよ。」と言いました。 甥っ子は嬉しそうに微笑みました。味方をしてくれたからということより、理解してもらえたというように私はとれました。...