砂糖と目

砂糖と目

これまで砂糖の害を書いてきましたが、砂糖と目について書きたいと思います。 白内障になったと言われる、まだ若い患者さんの共通していたことがなんだったかというと、それは甘い物が大好きということでした。 そうなんです。砂糖は、視力の低下、白内障やその他、目にとても悪いのです。   そして患者さんを通して、ハッと気づいたことがありました。 もともと私は大阪市に住んでいました。大阪市のオフィス街でまわりはビルと人だらけ。京都のように緑の山や川もありません。そして私は乱視があり、徐々にひどくなっていました。...
「子どもが愛される世界を」

「子どもが愛される世界を」

なぜタオ指圧を人々と分かち合うのか? タオ指圧入門修練(準備)コースの講義で受講生の方にこのことを伝える。 その中の一つに『子どもが愛される世界を創るため』がある。 これは自分の子どもだけでなく、ということである。 先日、ある親子と別の親子、子どもは3、4歳というぐらいで信号の手前ぐらいを歩いており、青から赤に変わる時に、渡りかけた子どもの母親が「止まれ〜、渡るなよ!」 と、とても偉そうに言い放った。その言葉を聞いて、そんな言い方しなくてもと思った。...
症状の改善を早めるには?

症状の改善を早めるには?

ある患者さんに紹介していただいた、Sさん。 膝の痛みで施療に。 他にも症状があるのですが、正座ができず、歩く時も痛みがあり、そのため走ることもできないでいるのでした。 そんな痛みがあるSさんは、とても陽気でエネルギッシュな方だ。 そして何より、施療でも前向きに受けてくださる。前向きというのはネガティブな気持ちで受けていないということ、と併せて信頼して受けてくださる。ありがたいことです。 身体のポイントのほとんど(確認したところは)が気持ちイイか、効きますと言ってくださった。...
親が知らないということで…

親が知らないということで…

先日、父と祖母の納骨のため、弟家族と京都で会いました。 その帰りに、弟が長男に「学校でも家でも牛乳を飲まないとアカンぞ!」というやりとりをしていて、そしてその後もしつこく、牛乳を飲ませようとしていました。 私が「牛乳飲まないんや、嫌いなん?」と弟に聞くとその通りとのこと。 甥っ子に「飲みたくなかったら飲まなくていいよ。」と言いました。 甥っ子は嬉しそうに微笑みました。味方をしてくれたからということより、理解してもらえたというように私はとれました。...
等しく機会は巡る

等しく機会は巡る

ターニングポイントでどう行動するかもその後の生き方を含め人生が大きく変わってくるように思います。 会社を起ち上げて社長になる人は、ほとんどといっていいほど、ターニンングポイントに最善の決断をされているというのは想像ができます。   私は、人は等しくそのチャンスが巡ってくるものだと思っています。 それに対して後ろ向きであると、せっかくのチャンス(プレゼント)を受け取らないまま終わってしまいます。 そして、その受け取るタイミングもあります。 この現世は時間があります。機会のタイミングを外すと、劣化していきます。...
友人

友人

りょうきゅう先生の友人で、印刷関係の仕事を依頼する、大平さんという方がいる。 りょうきゅう先生の昔からの知り合いというか友人は、みんな人がよくて、独特の雰囲気が出ており、とても親しみがある。 紹介していただき、大平さんと初めて会ったのが7年以上も前。 タバコのにおいで充満された、6畳ほどの部屋で、お客さん用と思われるパイプ椅子を出してきてくれて、パソコンの前に座って仕事の話をする。部屋の周りは書類や本、印刷機などで埋め尽くされていて足の踏み場もないぐらい。...