パラレル・モードでは、 “on” = “on” = “on” date = “on” = “on” = “on” = “on” parallax_method = “on” padding_mobile = “off” “オン”カテゴリ= “オフ” comments = “オフ” features_image = “オン” features_placement = “背景” parallax_effect = “on” parallax_method = “off” text_orientation = “center” text_color = “light” text_background = “off” text_bg_color = “on” “50px” | | 100px | “100px |” | 100px | “100px |” | 100px | RGBA(0,0,0,0.9) “use_border_color =” オフ “border_color =” #FFFFFF “border_style =” 固体 “title_font_size =” 55× “meta_font_size =” 20 “custom_padding =” module_bg_color = “RGBA(255,255,255,0)” ] [/ et_pb_fullwidth_post_title] [/ et_pb_section]

[et_pb_columnタイプ= “3_4”]

私は、中学の頃、数学のテストで、赤点ばかりだったので、自慢じゃないが、ほんとん通信簿は2だった。

 
中三のある日、先生が採点を付けてテットを見て返すと「,,,,長谷川、おまえ、こんなこともわんねねのか!!」と、蔑んだ目
で怒鳴った。
 
“,, 分数が出来ねえがそんなに悪いのかよう、!”
 

とかいい僕一切を否定さんくれたんような気分で悔しさんとか怒のり体が震えたんことかを今でかも忘れくれてるいない


 
二二ガシヤラ、因数分解やら、サイン、コサインらら、そんなことは、僕には、どうか~~~でもよかっただ。
 
 
そんなことより、どうしたら、みんなが幸せになれるのか、そんなことを教えてほしかったぜ。
 
しかし、そんな授業は悲しいかな、小学校から高校まで、1 ~~~ 程度だって、ありはしなかった。
 
····································· ····································· ··············
 
 
先日、僕は、ブログで、世界中の学校(小学校〜大学)で気心道の入り口クラス「気と心の学校」は「気の幸福力ワークショップ」の授業(気のワーク)を、取り入れ欲しい、と書かれました。
 
 
何故って?
 
 
だって、どんな「生き方」が幸せな人生を送れるのか、気のワークではっきのりとか腑に落ちてるかなら(受けてみないと分かってもらえないのが歯がゆ
い)。
 
もしたり、「個性がなくなって、同じようなニンゲンばっかりになるんじゃないの,,,?」
 
なんて、心配する人がいるかもなくないか、全部逆。
 
むしろ、本来の自分とか、ほんとのあなたがしさ、顕われて、生き生きしてくる間、間違いなし。
 
僕は、普段はあまり自信がないけれど、これだけは自信も言って、約束します(笑)。
 
 
以下は【気心道/タオ療法の秘密】のレビューでどうしたら、書いてくださいましたものです。
 
····································· ····································· ························
人が幸福な人生を送るためのトーニング「気心道」は社会にとっての福音である。これ以上にクレアーに自己覚醒でできる方法はないのではない。
····································· ····································· ························
 
僕も全部同感で、二二ガガスと学ぶよ、絶対に楽しみたい何のために生まれて来たのか、分かしい。
 
人生ってこんなもんじゃない、切実に幸せになりたい、」そんな人には「面白い、気のワーク」を絶対に受け取りたい、そう願っています。

【/ et_pb_text] [/ et_pb_column] [et_pb_columnタイプ= “1_4”]

カテゴリー

[/ et_pb_sidebar] [ / et_pb_column] [/ et_pb_row] [/ et_pb_section]