立派な人間じゃないからこそ

執筆者 | 7月 10, 2015

平和を実現しようと、小さくても一歩を踏み出すというのはすごいことだと
思います。行動している人に対して、行動していない人は、「私はそんな
立派な人間じゃないんで・・・」「自分のことで精一杯なんで」ということを言ったりします。

一歩を踏み出す人は、決して自分を立派とは、思わないでしょう。
むしろ、立派じゃないからこそ、、自分の内なる地獄を自覚するからこそ、
踏み出すのかもしれません。

自分のことしかしなくていい、という状況は決して幸せなことではない
と感じます。それをずっと続けていると世界は硬直してくる・・・。

いま、私たちが取り組んでいるアースキャラバンは、世界をもっと自由な
場にしたいという祈りそのものです。世界には不自由を強いられている
存在がある、、。それは、世界もそうだし、自分をとりまく小さな世界だっ
てそうなのです。そこで苦しむ存在はいったいだれなのでしょうか。

なにかしたい、そういう人が集まって創っているのが、「アースキャラバン」です。