禁酒、その後、甘い誘惑

執筆者 | 12月 5, 2013

前回のブログの続編。

3日前にTさんからメールが届いた。

「こんにちは。昨日から肝臓の裏側が痛みだし首の方までガチガチで、しんどい感じになっています(泣)

もし、今日か明日、空いていたらお願いしたいのですが、予約空いてたりしますか?」

、、、、禁酒生活は一ヶ月で破れてしまったのか、、、

ちょっと溜息をつきそうになった。

禁酒宣言以来、Tさんは、本気で禁酒生活を送り、受療にも来ていた。

二ヶ月前。顔色は悪く、背中と首筋は触れると岩盤のようにガチガチだったが、酒を絶って以来、来院する度に顔色がよくなり穏やかな顔つきになり、背中と首筋は嘘のように柔らかくなってきてた。

二日後、来院。

「酒は、、飲んでないんですよ」

、、うーん、そうですか、、、

顔色が少し以前に戻りかけている感じだ。

背中に触れる。

もとのように硬くなり始めている。

施療を始めると背中、腕全体、手の指と、末端まで強く響き、邪気が抜けていく。

「、、ううっ!」

、、キツ過ぎますか、、?

「いや、、大丈夫です、。」

、、ごめんなさいね。

「、、、実を言うと、、、」

はい、、、

「、、、酒は飲んでいないんですけど、。」

はい、、、

「甘いものに手を出してしまって、、つい、ちょこちょこ食べてしまって、、」

、、チョコレート、とかですか?

「ええ、そうですね、、、あとは、シュークリーム、とか、、、」

うーん、、油断していた、、白砂糖に走っていたとは!!

Tさん、禁シュ(ークリーム)も、お願いします!

二人(笑)