魔が働くとき、智慧が磨かれる

執筆者 | 12月 1, 2016

毎週土曜日におこなわれている浄土宗和田寺住職・遠藤喨及師の「タオサンガ法話ライブ」。

毎回、あっと驚くような切り口で、仏教の教えを通して私たちの心の奥にある光と闇に気づかせてくれる法話ライブですが、今夜は実に興味深い内容でした。

テーマは、「魔がはたらくとき、智慧が磨かれる」。

「アースキャラバン」は、長崎~広島~尾道~加古川~京都と、国内の前半が無事に終了しましたが、実はそのプロセスで、ずいぶんといろいろな困難がありました。その都度、みんなで一生懸命考えて、それらの困難を乗り越えて来ました。

人の心が成長したり向上したりしようとするとき、それを邪魔するように、その反対のはたらきが生じます。まさに魔がはたらくということなのですが、その魔のはたらきについてのお話でした。

魔は、ネガティブなエネルギーとしてはたらくときと、人の言葉や行為を介してはたらくときがあります。

DSC02764

 

※「タオサンガ法話ライブ」より。「魔がはたらくとき、智慧が磨かれる」
http://www.ustream.tv/recorded/87154979

 

詳しくは、ぜひ上記の動画をご覧いただきたいのですが、魔のはたらきの3つを簡単に紹介いたします。

(1)魔は、疑問を持たせる。(道や修行や信念に) → やがて批判者になる。

(2)魔は、志しを落とそうとする。 → 成長や向上をやめさせる。

(3)魔は、人と人を分断させようとする。→ 争わせようとする。

魔に負けて、人生への愛を失わせないように!というお話でした。

そして、「維摩経」という経典には、魔こそ菩薩さまであるという言葉があるそうです。魔がはたらくことを知り、それに向き合うことで智慧が磨かれ、成長や向上に向かうことが出来ます。

闇が智慧によって光に転換されるとき、私たちは本当の意味で光に触れることが出来るのではないでしょうか。

 

今回のアースキャラバンでさまざまな困難に出会うたび、「これって、今この瞬間の自分の心のあり方や行動が問われているなぁ」と、つくづく感じていました。

私は「スターウォーズ」が大好きなので、そんなとき、マスターヨーダの言葉をよく思い出していましたが(^_^;)

ということで、一緒にヨーダの名セリフもご紹介します。

4fafafe984d99b1afe85a1f437d5cb48

「恐れはダークサイドに通じる。恐れは怒りに導き、怒りは憎しみに導き、憎しみは苦しみに導くのだ。」

「Fear is the path to the dark side. Fear leads to anger, anger leads to hate, hate leads to suffering.」

(映画「スターウォーズ・エピソード1」より)

 

まさに。

 

※「映画で英語ドットコム」より。「マスターヨーダの英語の名言&名セリフ35連」

http://www.eigadeeigo.com/2222.html/embed#?secret=IQ3YTU1nOx