最近、最もついてた話し。

ゴールデンウィークにアースキャラバン京都があった。

節約して行きは京都までバス、帰りは新幹線で帰ることにした。(帰りは疲れてヘロヘロだろうから、7時間も8時間もバスに揺られて帰るのはシンドイ)

出発の3、4日前にバス会社から電話があった。

「大変申し訳ありませんが、集合場所ですが、川崎駅前から、新宿駅前のバスタ新宿に変更になりました、、云々、、よろしくお願いします、。」

横浜の自宅からだと、新宿は川崎より20分ほど遠くなった訳で、まあ、文句を言ってもしょうがないので承知した。

新宿、AM9:24発~京都駅前17:30(位だったか、)

当日。

家を出る時は余裕で出たつもりだったが、一本急行乗り遅れて、ちょっとギリギリかも、と思ったが、まあ、大丈夫だろ、と思い込む。

副都心線、「新宿三丁目」駅に着いたのは9:18位だった。

なんとかギリギリ間に合うと自分に言い聞かせ、バスターミナル「バスタ新宿」に向って走る。

地下道からエスカレーターで地上に出た時は、もう22分位で、ギリギリだ!、、バスタ新宿の入り口に向う、、が、入り口が、まだ先の先にあることを知る。

血の気が引いたが、奇跡を信じ、あきらめず、入り口にたどり着く。

そして、バスターミナルが4階にあることを知って、また血の気が引く。

4階に登るエレベーター乗り場に着く迄が遠く、迷路に舞い込んだ気分になってくる。

時計を見ると24分じゃないか、!!

諦めるか、、否、1、2分なら、待っててくれるかもしれない、あきらめるな、走れ~~、、。

エレベーターが4階に着き、猛ダッシュで発車する〇〇番線についた。

27分、、京都行きバスは見当たらない、、バス会社のオジさんをつかまえて、24分発の京都行きは、、と尋ねた。

「出ちゃいましたね」とあっさり言う。

、、ああ、無情、、どうしようもねえな、、。さすがに、落ち込み、しばらくベンチに座り込んでしまった。

ああ、川崎からだったら、楽勝だったのに、と見えないバス会社に愚痴る。

しかし、外に向って愚痴れば、愚痴るほど、自分に返って、ますます凹む、、宇宙の法則だ、。

気持ちを切り替えた、、いやいや、これも「運がいいことだ!!」と思い込むことにし、斉藤一人さんじゃないが、ついている!、、ついてる!、ついてる、、と、呟いた。

すると、だんだん気が晴れ、なんだか気持ちが前向きになった。

で、どうする?こんなゴールデンウィークの真只中、もうバスなんか、空いてないぞ、、新幹線はもったいないぞ、、そうだな、、

となると、東海道線で行くしかないな、、ならば、一旦、横浜の自宅に戻って、昼飯でも食ってのんびり行くか、、そうしよう!、決めた。

横浜駅発13:30位発の東海道線で熱海行きに乗り、熱海駅で30分ほど乗り継ぎ時間がありホームのベンチで待つ、、と、なんだか立ち食い蕎麦のいい匂いが漂ってくるではないか、、3時のおやつ代わりに食した。

次は、浜松行きだったか、もっと手前行きまでだったかに乗り、下車。また乗り継ぎ時間を過ごし、次は、何処行きだったか、忘れてしまった。そして、また乗り継いで、大垣行きに乗る。

電車が大垣駅ホームに滑り込んだだ時は、とっぷり日が暮れて真っ暗。ホームに降りると夜風は冷たいし、人もまばら、。

いささか心細くなってきたので、、例の作戦開始だ。

ついてる、、ついてる、、ついてる!と、呪文のように唱えた。

次は何処行きに乗れば京都に近づくのか、階段上に登り、蛍光灯がついてる通路を歩くとじょじょに心が温まる。

改札口に向うと構内アナウンスが流れた。「京都方面、米原行きは〇〇番線で20:30発です」電光掲示板を見ると、確かに、そう表示されているし間違いない。

しかし、薄着で身体が冷えきってたのとホームの薄暗さに気弱になってたせいか、駅の人に再度確認したい(まあ、生来、おっちょこちょいカルマもあるので)気持ちが湧いて来る。それと人と言葉を交わしたかったのかもしれない。

米原行き〇〇番線のホームから階段を人が通路に登ってきた。薄緑色の制服を着た駅構内の清掃作業中のおばちゃんだった。

声をかけた。京都方面に行く電車で一番、早いのは、20:30の米原行きで大丈夫ですか?

「はい、そうですね、、20:30が早いですね。本数が少ないから乗り遅れないように、(微笑)」

おばちゃんのたった、それだけの言葉と微笑に不思議なくらいに心も身体も温まってしまった。

お礼を言うと、おばちゃんは、微笑のまま、ゆっくり立ち去った。

なんだか、ありえないほどの微笑みに、温まりながら、その場に立ち尽くしてしまった。

20:30米原行きに乗り、更に、どこかの駅で、もう一度、乗り継ぎ、京都に着いた。11:00近かった。

その間、あの微笑みが心にずっと残っていた。幸福感すら、与えてもらった。

バスには乗り送れたが、こんなに幸運なことが待っていたなんて、、やっぱり、ついていた。

大垣駅のお掃除おばちゃんと出会えたのも神仏のお陰さまに違いない。

合掌

〜追伸〜

初めて、バスタ新宿を利用する場合は、余裕を持って行かれてください。一度、下見に行っておけば完璧です。