5月3、4日、京都・梅小路公園にて行いました、「アースキャラバン2017 京都」。

おかげさまで盛会のうちに終えることができました。

ご来場いただいたみなさま、支援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。

本当に素敵な出店者さん、出演者さん、ボランティアさん、そして参加していただいた来場者さんに囲まれ、それぞれが同じ願いを持って、できることや持っているものを「SHARE!」して創り上げた2日間。
会場は本当に軽やかで、居心地のいい氣で満たされていました。

 

印象的なシーン

・光るマンとゴミコロレンジャーとキャロボン(アースキャラバンのロボットのマスコット)のコラボレーション体操で幕開け

・夜イメージのポールダンスが朝イチで登場。体験は子どもたちにも大人氣!

・車椅子体験や、視覚障害の方の手引き体験

・アラブの楽器ウードのステージにて、アラブの民謡をシリアやエジプトの本物のアラブの人たちと一緒に歌う!

・会場内をゴミ拾いしてくれる子どもボランティア

・ダウン症の子どもたちのダンス〜一緒に盆踊り〜会場内をミニバディウォーク

・トイレで高校生ボランティアさんが「アースキャラバン、めっちゃ楽し〜!」と言ってた

・宗教融合コーラスで、出演者さんとコラボレーション、参加者も含めて輪になり、皆で歌って踊って。(車椅子も参加!)

と、挙げるときりがありません。笑

 

「体験のシェア!」「願いのシェア!」「笑顔のシェア!」「お金のシェア!」「宗教のシェア!」「できることをシェア!」「知ってることをシェア!」「喜びをシェア!」

 

会場内は、とにかく笑顔で溢れていました。

 

「分かち合う」ということは、「取り分が減る」ということではなく、「何倍にもなる」ということなんだな、と感じました。

 

これから広島、中東、カナダ、東京と続きます。

各地でどんな「SHARE!」がみられるのか。

 

その輪がどんどん広がっていき、やがて世界中がそんな氣で満たされる。

そんな日が、きっと来る。

 

そう確信できた2日間でした。