プチ断食

執筆者 | 6月 25, 2013

僕は、暴飲暴食はしないが、気がつくと、ちょこちょこ食べている。「ユシンはよく食べるね!!」とよく言われる。明日から、一日二食にしよう、といつも思っているのだが、。。

先日、思いがけず三日間のプチ断食を断行した。

とは言うものの、一日目は断食を決意してやろうとした訳ではない。朝から吐気がして、何か悪いものでも食べたか?・・思い出してみると、前夜、渋谷駅近くで、九州の某ラーメン屋で焼豚入りラーメンを食べていた。味も特に変ではなかったし、あれで、食あたり、したとは思えなかったが、、多分、肝臓と胆のうの働きが弱っていて解毒と脂肪の分解ができなかったのだろう。そんな訳で、その日は一日中、食欲がなく水だけで過ごし、後は昏々と眠っていた。こんなに眠ったのは久しぶりだった。

二日目の朝は、少しは食べれるくらいになり、玄米を一口食べたが、、二口目は身体の奥が拒絶してるようで箸を置いた。しばし沈思黙考後、決断した。日頃、365日休みなく働き続けている内臓さんの面々に少し休んでもらおう!、、断食する、、と。

飲食はほとんどミネラルウォーターと昆布の出汁と青汁のみ。あとは好きな音楽などを流して過ごすことにした。それにしても断食中は、普段の眠りではありえない程、深く眠りこけた。眠っても眠っても、まだ眠れる。熊の冬眠状態だった。

三日目の朝。体内から、感謝の声が聞こえてきそうなほど内臓さん達が喜んでいる気がした。青汁と水で過ごすが、空腹感はさほどなく、それより、感覚や神経が普段よりも研ぎ澄まされた感じで、それでいて、気分はここ最近感じたことがないような穏やかさと、まるで数日間の念仏三昧修行をやり終えたような爽快感さえ感じていた。

プチ断食おすすめします。
以下はネット上で検索した断食の効能の引用です。

他にも、いろいろ出ていますので検索してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)内臓諸器官の休息:胃腸、肝臓、腎臓を休め、機能回復させる、
2)過剰栄養分の排出:蓄積した脂肪を代謝させる
3)毒物・老廃物の排出:長年生きていると、脂肪には、様々な「毒素」も蓄積する。脂肪に溶けた「毒素」は通常の生活では、排出されにくい
4)白血球の増加
5)潜在生命力の賦活
などが、期待されます、、とある。

さらに、

断食や小食をすることで、消化エネルギーが節約され、その分が排泄作用に多く向かうようになります。

排泄力が増すことで、体内の毒素や不用物、老廃物がどんどん排泄されていきます。なので、消化器官を休めてあげることはもちろん重要なのですが、それ以外にも、体内の毒素を排泄する方法として、【キレート作用】のあるものを積極的に食べるというのもあります。

有害ミネラル
キレート作用とは、体内の有害ミネラルなどを挟み込んで、そのまま体の外に一緒に排泄することです。ミネラルにも体に有用なものと、逆に害を与えるものがあります。カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などはご存知のとおり生体のさまざまな活動を支える必須ミネラル。一方で、水銀や鉛、カドミウム、ヒ素、アルミニウム、ベリリウムなどの「重金属」と呼ばれる有害ミネラルは、体内に過剰に蓄積されると代謝機能、神経系など、あらゆるところに悪影響を及ぼします。

20世紀にはいり、各種の鉱工業がさかんになると、鉱山や工場などからの廃液により人体に重金属が蓄積されて重度の障害をひきおこす公害病が多発した。産業廃棄物などから排出される重金属もまた、しばしば水源や土壌などの環境中に濃集して公害の原因となっている。代表的なものに、足尾銅山の鉱毒による被害、メチル水銀が引き起こした水俣病、カドミウムによるイタイイタイ病がある。(wikipedia-重金属)より

よく知られる公害病も、重金属が原因であるものが多くあります。

日常生活でなるべく気を付けていても、現代の生活環境ではあらゆるところから体内に侵入してくる可能性があります。海洋汚染、水道水、食品添加物、タバコの煙などなど。

いくらこれらを避けようとしても、やはり限界があります。意識して避けることも大事ですが、それら重金属などを体内でからめとって排泄してくれる、「キレート作用」の食品を食べて排泄作用をより促すことも大事かと思います。

キレート効果の高いもの

キレート効果の高い食品としては、・玄米
・アスパラガス
・ブロッコリー
・ほうれん草
・玉ねぎ
・リンゴ
・ニラ
・ネギ
・寒天
・海草類などがあります。玄米では、「フィチン酸」という物質が強力なキレート作用を持っていることで知られてますね。腸内の不用物を掃除するという意味では、食物繊維の豊富な食べ物も効果的です。私は分づき米をよく食べていますが、なかなか快便です。体内に毒素が溜まっていると当然、体は本来の力を発揮できません。それが、体がだるい、気力がない、疲れやすい、日中に異常に眠いなどの不調として現れてきます。

「体内の毒素をどう出すか」を考えることは、現代では特に重要だと思いますね。