タオ指圧の創始者は、遠藤りょうきゅう住職。
東洋医学の根幹である気と経絡、ツボの秘密とその実態を解明し
生まれた手技療法です。タオ療法の臨床家や教室は、世界八か国に
あり、日々世界各地で、その治療効果が実証されています。
タオ療法HPはこちらから http://taoshiatsu.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

2年ほど前からタオ療法の施療を継続している方がいます。

初めて受療されたときの主訴は、頚部、肩背部、腰部の凝りと痛みでし
た。そのとき伺ったお話では、それ以前にうつ病と診断されて、さまざま
な治療を受けてきたということでした。

心療内科で薬を処方されるだけの治療に疑問を抱いて、あるカウンセ
ラーを訪ねたところ、「うつ病は心の病気ではないから、身体を調えれ
ば良くなります」と言われて、それまでの考え方が変わったとのこと
でした。

そして、鍼灸やマッサージなどの施療をいろいろ受けられ、その後
インターネットでタオ療法を知って受療されました。

以来、施療を通じて長いおつきあいになっています。
施療の後には、食改善のことやタオサンガの学びのことなど、いろ
いろお話することも多くありました。
その間に症状も改善されていき、ご本人からうつ病を克服したという
言葉がありました。

タオ療法では、「からだは心そのもの」であるとお伝えしています。
いわゆる西洋医学のように身体と心を切り分けるような身体観で
生命をみるのではありません。

身体の症状は、その方の心の痛みや傷によってあらわれていると
とらえます。
そして、その方の痛みや傷が宇宙大霊によって癒やされることを願い
ながら施療させていただいています。

その方は、昨年お勤めしていた会社を辞めて、現在はご自分でやり
たいことが出来るようにと起業の準備をされています。

ご自分のやりたいこととは、うつ病と言われてつらい思いをされて
いる方々のサポートや支援が出来る事務所を設立することだそうです。

それを伺ったとき、私もとても嬉しく感じました。

その方(スーさん)は、そのためにメルマガの発行を始めました。

ご本人の了解を得ましたので、そのメルマガの一つを紹介させて
いただきます。

ご自身が体験されたことですので、細かいところがとてもリアルで、
読ませていただくと参考になることが多いです。

また、この方とは別にうつ病と診断された方の施療も担当していま
すが、身体的な症状に共通することが多いと感じます。

病院でうつ病と診断されて、つらい思いををされている方はとても
多いと思います。
タオ療法で、そのような方々の痛みや症状が改善されること、そして、
スーさんの思いが実現して、より良い未来が拡がることを心から願い
ます。

momiji

「スーさんのうつ病克服記」

いつもお読みいただき
ありがとうございます

5年前にうつ病を発症
紆余曲折を経て
うつ病を無事克服しました

40代後半、
3人の子持ち父ちゃんです

今もうつ病に
苦しんでいられる方の
お役に立てば幸いです

うつ病克服のヒント
お届けします

あきらめないで!
明るい明日はきっと来る!!

うつ病は心の病じゃない!!

Vol.18
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
治らないという思い込み
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

うつ病になり
心療内科に行って
その原因を聞いても

「疲れ過ぎですから
薬を飲んで
休んでいれば
治りますよ」

と言われても
毎回5分~10分の診察では
どうも納得がいかない
正直いって
心療内科医の
説明はいまいち
信用できませんでした

インターネットで
「うつ病」と
検索しても
たくさんの情報が
氾濫している

胡散臭い情報もあれば
「心の問題だ」

と言っているものも多くて
自分の考え方が
そんなに悪かったのか
かえって自信をなくしました

でも何万人もの人が
うつ病にかかっている
そんなにたくさんの人の
考え方が悪いのか

何かしっくりいかないものを
ずっと自分の中に
抱え込んでいました

また、
インターネット上では
うつ病になった人たちの
ブログやメルマガも
たくさんあります
(私もそのうちですが…)

その多くが
「もう10年うつやってます」
「15年うつと付き合って生きてます」

とか
長い間うつを受け入れて
生きている人の多いこと

それらを読んでいると
さらに気が滅入ってきて
しまいには
インターネットでの
うつの検索を
やめました

私がうつ病を経験して
いま思うのは

心療内科医も
正直言って
うつ病の本当の原因や
メカニズム、治し方がわかって
いないんじゃないか

薬を出すことで
なんとかその症状をやわらげて
症状をただ安定させるように
もっていこうとする

言い換えれば
「完治」または「治癒」
させる方法がわからないから
ただ症状が出ないように
なんとなく安定させておく
「寛解」という状態に
もっていくしか
方法を知らないのでは
ないだろうか
そう思わざるをえません

「なんとなく
治っているようだけど
無理しちゃだめだよ
いつ再発するか
わからないからね」
(フフフッ)

みたいな
なにか心療内科医の
心の裏ををみるように
フフフッと笑い声が
聞こえるような
気がしてなりません

私たちは昔から
病気になれば
お医者さん
と決まっていましたから
医師の言うことは
絶対と思って聞きます

なので
お医者さんから
「もう治らないよ…」
「長くゆっくり
うつと付き合っていってよ」
と遠まわしに
指導されるものですから

みんなそれを信じてしまって
「しかたがない
長く付き合うしかないな
もう治らないんだ」と

思い込んで
いや
思い込まされてしまって

辛い人生を
過ごしてしまっている人が
どれだけいることでしょう

5年の紆余曲折を経た今
私は再発する可能性は
「無い!!」
と身体で確信しています
それは
身体を治したからに
ほかありません

(もちろん
交感神経の高い生活や
身体を冷やす生活など
身体に悪い生活を続ければ
またなるでしょうけど…)

長年うつで苦しんでいらっしゃる方
是非あきらめずに
回復への道を
探してください

明るい人生は
未来に広がっています

必ず治ると私は確信しています

そしてこのメルマガが
一人でも、
少しでも、
お役に立てば
幸いと
思っております

次号へ続く

「スーさんのうつ病克服日記」

最新の記事とバックナンバー、購読の設定は下記のURLから。
http://www.mag2.com/m/0001629337.html