タオ指圧の創始者は、遠藤りょうきゅう住職。
東洋医学の根幹である気と経絡、ツボの秘密とその実態を解明し
生まれた手技療法です。タオ療法の臨床家や教室は、世界八か国に
あり、日々世界各地で、その治療効果が実証されています。

タオ療法HPはこちらから http://taoshiatsu.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

60歳の女性、乳がんで右乳房及び周辺のリンパ腺摘出手術後、右腕のしびれ、
虚弱感、また手術の傷の痛みを訴えて相談にみえました。
「まあ大きな手術でしたのに、よく頑張りましたね」
「術後ずいぶん経つのにまだ変なんですよ」
「キモセラピーもされたのですか?」
「ええ・・・」
何となく元気がありません。どうも再発を相当に恐れているという印象を持ちました。

 

それと手術自体からのトラウマ。おそらく本人はそれに気づいていなかったかも
しれません。
もし“生きられる”、“再発はない”、ということを絶対的に信じられるようになれた
ら… いや、そうなる、ということを目標としました。

murasakinohana

特に目に見えた変化もなく何度か受療された、その後のことです。
「そういえば、、最近胸のところの突っ張った感じがないですね~」と。
良くなったのかな?という感じをもったようでした。

 

さらに何度かのあとには、
「しびれが大部なくなりました、それから、なんだか力が戻ってきてるような気がしま
すが… そういうことってあるんですか?」と質問がありました。
「ご自分のそういう気持ちを大事にしましょう、間違いなく回復していますよ!」
とお伝えしました。

 

そして、その次の治療日、私は思い切って聞いてみました。
「この一週間、何回ぐらい再発のことを考えましたか?」
「あら!そういえば、今言われ るまで全然…」

 

彼女から再発の恐れが消えていました。
ガン再発の恐怖を、未来への希望へと転換したこれからの人生を、元気にきり拓いて行かれることでしょう。