はじめての方に

タオ指圧協会インターナショナルからのメッセージ

人間が手技でなし得る最高の医療を施すことが、私たちの信条です。

さて、先の信条をもとに、遠藤喨及(えんどう・りょうきゅう)は四半世紀以上に亘り、
指圧による経絡の研究、武道による気の修練、そして僧侶として仏教の修行を積んできました。

その結果、発見したのが、
宇宙大霊の気の力で患者さんの潜在意識(経絡)に働きかけると、
症状が取れるだけでなく、運命転換までが起きるということです。

こうしてタオ療法が生まれたのです。

そして現在、東京、京都の他、世界8か国でも実践され、
多くの患者さんの症状を癒し、その運命をより良きものへと転換しています。


タオ療法とは何か?

はじめに

対症療法を続けても、次々とあらたな症状に見舞われて途方に暮れている人は多いのではないでしょうか?
その場しのぎの治療ではなく、身体の奥から納得できる療法を求めていらっしゃるのではありませんか?

Q:タオ療法とは何ですか?
A:ひとことで言えば、“経絡(けいらく)のツボを施術して、病気の原因である邪気を出す”方法です。
Q:経絡(けいらく)って何ですか?
A:いのち、すなわち気の流れる道です。
内蔵も関節や筋肉も、身体のすべてが、経絡の働きによって機能しています。
Q:いのちが、すなわち気なんですか?
A:テレビも電波がなければただの箱です。身体も気があって、はじめて機能しますから、気はいのちです。
Q:経絡は見えるのですか?
A:モノを見るようには見えません。しかし、タオ療法の臨床家は、ツボや経絡を見るよう精神的な訓練を受けています。また、そのような修行もしています。
Q:モノとしては見えないのに存在しているんですか?
A:例えば河を見るとき、岸辺や水は見えても“流れ”そのものは見えないですよね。
経絡もこれと同じです。流れそのもは存在しています。
私たちは、自然界における水の流れを「河」と認識するように、いのち=気の流れを「経絡」と認識しているのです。
Q:なぜ、“邪気が病気の原因”なんですか?
A:河の流れがよどめば、不衛生になり、これが病気の原因となります。
ツボへの施術により、河の流れをせき止めている邪気を出して、きれいな水の状態に戻すのです。
Q:邪気は、からだに入っているのですか?
A:からだの奥に無意識の世界とつながるところがあります。
そこがツボです。これにアクセスして邪気を出します。
Q:邪気が出て行くときは、受けてわかりますか?
A:皆さん、はっきりとわかりますよ。
例えば、頸部のツボに施術しているのに、手足などの末端に向かって、電気が走るように強いヒビキを感じたりします。
これは、邪気が排出されるときに起きる、独特の現象です。そして、ヒビキが取れたときに、症状が軽くなっているのです。

おわりに

肉体の症状であっても、また精神の症状であっても、その真因は、無意識にあります。
邪気が排出されると、無意識のブロックがはずれ、新しい生気に満ちます。
それによって症状が取れるだけでなく、新たな人生の方向転換がもたらされます。またそれは、運気が向上する瞬間でもあるのです。
私たちタオ療法の臨床家は、皆さんの健康だけでなく、幸福な、より良き人生の創造を応援しています。

タオ療法のことをもっと知りたい場合は?


Q:ホームページ以外でも、タオ療法のことを知ることはできますか?
A:はい、何冊もの関連書籍が出ています。
また、DVDブックもいくつかあります。
ご購入は、タオサンガショップ(当サイトを離れます)、Amazon ほか、お近くの書店でもご注文になれます。

タオサンガ、気と心の世界(YouTube 動画)

タオ指圧とタオサンガ活動の5分映像

気心道とタオ指圧DVD予告編

気心道とタオ指圧DVD予告編


タオ療法、関連書籍とDVD

「気と経絡」癒しの指圧法(講談社+α新書)気の経絡指圧法 安らぎのツボ 実技篇(講談社+α新書)決定版 タオ指圧入門(講談社+α新書)タオ指圧、東洋医学の革命(ヒューマンワールド)DVD <気と経絡>タオ指圧〜経絡篇(医道の日本)DVD <気と経絡>タオ指圧〜臨床篇(医道の日本)DVD 気心道とタオ指圧

Q:現在、七冊ある本の著者名を見ると、遠藤喨及(えんどう りょうきゅう)となっていますが、この人がタオ療法を創始されたのですか?
遠藤喨及A:はい、そうです。遠藤喨及師は、浄土宗和田寺住職でもあり、また世界の貧困地域にも入って支援活動をしています。
※個人ページ(ブログもあります):
http://endo-ryokyu.com
Q:お坊さんで、海外支援の活動家が創始したのですか、、、。
A:はい。ですから臨床室は、仏教修行道場(タオサンガセンター)の中に併設されています。「医療は本来、慈悲の菩薩行である」という信念に基づいているのです。