臨床家

つらい痛みや症状を取ることはもちろんのこと、来院される方の人生がより良きものへと転化していくような施療。運気の上昇をもたらすのがタオ療法の臨床であることを実証することを目指しています。

 

ごとう てるわか
後藤 光妙
東京タオサンガセンター
大学では人間科学を専攻し、心理学や人間学を学ぶ。卒業後、柔道整復師、鍼灸師の資格を取得する。 その後、東洋医学を取り入れた帯津三敬病院や、自然な食事療法や代替医療などの現場で、さまざまな臨床経験を積む。 タオ療法の修養に入り、やがてこれが東洋医学と心理療法を融合した、理想的な医療であるとの認識に至る。そして現在は、東京センターの道場長と、タオ指圧入門コースなどの指導員を勤めつつ、理想的医療の実践に取り組んでいる。

 

『受療に来られる方へ、 切に願うことは何でしょう?』と尋ねられたら、 きっと僕は、こんな風に答えるでしょう。 「痛みが取れて楽になっていただきたい。 胸の奥深いところに隠された、 悲しみや孤独が癒されてほしい。 笑顔を見せていただきたい。 与えられた命に感謝されていただきたい。 自分も価値ある大事な存在なんだ、 と信じていただきたい。 そして、幸せになっていただきたい。」と。

 

はせがわ ゆしん
長谷川 友信
東京タオサンガセンター
舞台俳優などを経て、現在、この道のベテラン臨床家となる。 新潟地震の頃より、NPOアースキャラバンスタッフとしてボランティア施術の活動にも従事する。東北震災では、直後から被災地に入り、ボランティア施術、募金活動、救援物資の送付等を行う。また支援は、現在でも継続的に行っており、現地の人々からの信頼も厚い。そして彼の優しい語り口には、ファンも多い。

 

いのちの喜びを感じていただけるように尽力します。

 

なかがわ なりみ
中河 妙水
東京タオサンガセンター
学生時代から美術、心理学、東洋医学、仏教への関心と学びを続ける。 2001年から東京タオサンガセンターでタオ指圧の修養のため、北海道から通い続ける。 2007年に中伝を修了し、現在は東京初伝クラスで指導員を勤める。 趣味はボードゲームチャトランガとガーデニング。 東京タオサンガセンターのガーデン造りを、他のメンバーと一緒に楽しんでいる。

 

「受療されるみなさんが、心から笑顔になられるように、最善の人生を歩まれるように、願わせていただき施療をいたします。みなさんが幸福になることを共に喜びたいです。」

 

ほんだ まさと
本田 雅聖
京都タオサンガセンター
それは18歳の時のことだった。俳優養成所に行くつもりだった。ところが、何が気に入られたのか、自衛隊のスカウト部に再三懇願され、とうとう情に負けて入隊を決意したのだった。しかしそこから話はさらに二転三転する。 彼は、学校の映画鑑賞会で観た「シンドラーのリスト」に衝撃を受けてしまい、どうしても入隊できなくなってしまう。そして、人が感動するような舞台をしたいと思い立ち、オーディションに受かって芸能プロダクションに所属することになる。 俳優としては、NHKや地方民放のCMにも出演。「瞬華」という青春映画では主役を演じたこともあった。(そのDVDは現在でも販売されている) しかしやがて、共にプロデュースしていた人間との価値観の違いにより、思うような舞台を創れず、そのジレンマから役者を廃業することを決意。 一転して、数十名の部下を持つ飲食業のホール管理職、コールセンター管理職、また整体リラクゼーション店の店長等を勤めたりもする。やがて縁あって、仏教の慈悲の精神を説く、タオ指圧の門に入る。 今、かつての俳優は、タオ療法臨床の癒し手となった。

 

「そっと寄り添い、患者さんと共に笑い、喜び、時に涙し、患者さんの心が癒されるように願って施療しています。」

 

ほんだ まひろ
本田 磨證
京都タオサンガセンター
神奈川県の足柄山の麓で育ち、東京のデザイン専門学校にて学ぶ。そして様々な精神世界を探求し、更なる道を求めて一人インドを旅する。 帰国後、「人に良きものを与える仕事がしたい」と思い立ち、リラクゼーション、マッサージ店に勤める。やがて、その志に一致するタオ指圧に出会い入門。タオ療法の修養と仏道修行に励むようになる。 また、NPOアースキャラバンの活動にも取り組み、支援先のバングラデシュを訪れ、NPOアースキャラバンが運営する小学校の子どもたちと交流する。 「気の幸福力ワークショップ」では、リーダーを担当する一方、「タオ指圧、東洋医学の革命」(ヒューマンワールド/遠藤喨及著)では、書籍装丁も担当している。 初志を変えることなく、常に「良きものを与えることを願い」、タオサンガの様々な活動に取り組みつつ、日々の臨床にいそしんでいる。

 

「心身ともに元気(宇宙本来の氣)が戻り、より善い人生となることを信じ施療させていただいています。お一人で悩まれず、些細なことでもご相談ください。」

 

のもと ゆうこ
野本 ゆうこ
京都タオサンガセンター
英国留学後、さまざまな道を模索し、ヨーロッパ、中米、インドなどのアジア諸国を長期に亘って旅をした後に帰国。介護職を経て、東洋医学のエッセンスであるタオ療法の道に入る。

 

「あなたの持つ可能性が思う存分発揮され、あるがままで元氣に幸せに生きていけることを願って、一圧一圧心を込めてさせていただきます。」

 

ばんば さんの
馬場 山往
京都タオサンガセンター
琵琶湖近くの農村で育ち、祭り、民謡などの文化を愛する。かつてバックパッカーとして、おもにアジアを旅する。長年、タオ療法を学び修行し、現在は臨床に従事。和田寺の平和活動においても情熱的に活動している。