京都入門修練コース感想(2016年11月〜)

「タオ指圧入門修練コース」は、東洋医学の神髄である心技一体を学ぶタオ療法 入門のためのプログラムです。 京都タオサンガセンターで、2016年11月~2017年4月までおこなわれた「入門修練 コース」に参加された皆さんの感想文から一部アップします。 指圧を習いたい人、そうでなく精神修養のために来られた方、様々な年代が混ざっての講習は、 過去の自分にはなかった新しい発見、そして心の変化にびっくりされる方もいらっしゃいました。 これまでに受けたことのない、そんな講習(ワークショップ)であったようです。...

続きを読む

健康と便利さの裏

文明が発達し、科学が進み便利な世の中になりました。 私たちが生まれた時でさえ、「随分便利な世の中になった!」と親より上の世代の方はそう思ったことでしょう。 実際そのような話を聞きました。 そして、現在はさらに驚くほど便利な世の中になっています。 便利さ快適さの行く果てはどうなるのでしょうか? 全ては虚実のように、バランスがありその便利さの裏では影を背負うということになります。 原発で働く人がいたり、某通販会社では翌日配送のために過酷な仕事をする人が出たり、その他たくさんあります。...

続きを読む

「氣の幸福力」ワークショップに参加された方の感想から

            「氣の幸福力」ワークショップに参加された方の感想です。(抜粋させてただいています。)   「心地よい気持ちになり、心が澄んだ気がします。自分の氣については、普段傍の人には、何より自分自身の今後のために、もっと学んでいたいと思ってます。」 (M・Mさん・女性)   「今何を思うか、イメージするか、どこまで今を大切にして、相手を想う上で、未来が変わるものを体験しました。未来は、今の瞬間の中にあるだと感じました」 (...

続きを読む

「氣の幸福力」ワークショップ開催日程が決まりました。

心、気、言葉、からだの 不思議な関係を楽しみながら体験! あなた自身が気がついていない、本来の感性を発見する! 「氣の幸福力」ワークショップ~氣で感じる仏の悟り~ 人はどうしたら幸福になれるのでしょうか? そして、どうしたら豊かな人生を創造することが出来るのでしょうか? その秘密は「気のパワー」にあります。 「元氣」「氣持ち」「病は氣から」など、日本語には「氣」のつく言葉がたくさんあります。 でも、「そもそも、氣って何?」と思っている方も多いのではないでしょうか?...

続きを読む

なぜ「型」を学び、「型」に従う必要があるのか?

「型」を学ぶことによって、自分の我(エゴ)に気づくことが出来るから。 「型」に従えないのは、我(エゴ)があらわれていることだから。   タオ指圧入門修練コースでは、指圧の練習として「基本手技レベル1」と呼んでいる基本の型を学びます。 もっとも入門修練コースでの指圧の手技の練習はカリキュラムの一部で、その他に氣を練る体操や氣を感じるワーク、お互いのコミュニケーション力を磨くトレーニングなど、さまざまなことに多くの時間を費やします。 とはいえ、指圧の手技においても、学ぶことはたくさんあります。...

続きを読む

梅のちから

氣持ちのいいお天氣続いていますが、近畿地方も7日に梅雨入りしたようですね。 梅の雨です。 梅が実る頃に降る雨。 スーパーにも梅が並びはじめ、近所にある梅の木にも実がなってきました。   古くから日本にある梅は、その風土に根付いているため、自然のままで多くの実をつけてくれます。 それだけ生命力としてもとても強いです。   そして、梅には本当にすごいちからが秘められています。  ...

続きを読む

甲状腺機能の検査結果を電話で聞いて、、。

K子さんは、甲状腺機能低下症、その他の症状で通院されている。 先週、K子さん曰く「甲状腺の検査、久しぶりにしてみようかと思って行ってきました。」と。 そして、数日後、検査の結果を聞いた後、帰宅途中からか電話を下さった。 「さっき、病院行ってきたんですが、、。」 K子さんの声はいつになく興奮気味だった。 回復が思わしくない知らせのか、佳い知らせなのか、なんだかドキっとした。 「甲状腺、なんともないって、言われたんですよ、、!」 ああ、佳かった、、佳かったですね、、! ホンマに佳かった。...

続きを読む

「タオ指圧入門修練コース」次回開催日程が決まりました。

「タオ指圧入門修練コース」の次回開催日程が決定しました。 次回は、2017年11月開講です。 同時に「氣の幸福力」ワークショップの開催日程も決定しました。 詳細は、下記からご覧ください。 ※タオ指圧ワークショップ告知サイト http://workshop.taosangha.com/index.php                            ...

続きを読む

みんな元氣になあれ〜!

タオ療法で施療するときに、想っていることがあります。 それは、「元氣になぁれ〜!」です。(笑)   東洋医学は、一般的な西洋医学のように症状をなくすということだけに焦点を絞っているわけではありません。 氣の状態を整え、全体性を取り戻すこと。 過不足なく、バランスの取れたまあるい形というイメージでしょうか。   元氣は「元の氣」と書きますが、元って一体どこでしょう?   元来、中国では万物生成の根源の氣、宇宙太極の氣(これが道)のことをさしますが、要は元々あった、バランスの取れた状態に戻ること。...

続きを読む

タオ療法とアースキャラバン②

前回、なぜタオ療法の治療家がNPOの活動をするのかについて、りょうきゅう先生のインタビュー記事をご紹介させていただきました。   それは指圧でも大切な「利他」の心の実践であり、「他者の幸福に責任を持つ」ということは同じであり、またそのような関係性を広げていくことでもあります。   そして、今回はその続きです。 (以下、月刊手技療法 2015年6月号「巻頭インタビュー 遠藤喨及先生に聞く!」より抜粋)  ...

続きを読む

存在とはコミュニケーションである

タオ指圧の講習会では、入門修練コースでも初伝クラスでも、毎回「タオ・コミュニケーション」と呼んでいる対話トレーニングの時間があります。 人とどのように関わるかということは、実はその人の存在そのものでもあります。 指圧で人に触れること、相手に触れる一圧には、その人の人生観や身体観、世界観が如実にあらわれると言うことも出来ます。 だから、タオ指圧の講習会では、お互いの氣と心のあり方を内観するワークがたくさんあります。 それによって、自分の心のパターンを知り、転換し深めていくことが出来るようになります。...

続きを読む

タオ療法とアースキャラバン①

アースキャラバン京都も終了し、次は広島、そして中東に向けて動き出しました。   中東ツアーは、テレビからは絶対に伝わってこない中東、そしてパレスチナの現状を見ることのできる、これまで以上に充実したものになっています。 (詳細→http://www.earthcaravan.jp/ec2017/ec2017_MEtour.php ) (写真は昨年の様子)   タオ療法の施療者ブログなのに、アースキャラバンのことばかりだな、と思っている人もいるかもしれませんね。(知り合いからも「なんでなん?」と聞かれました笑)...

続きを読む