タオ療法とアースキャラバン①

アースキャラバン京都も終了し、次は広島、そして中東に向けて動き出しました。   中東ツアーは、テレビからは絶対に伝わってこない中東、そしてパレスチナの現状を見ることのできる、これまで以上に充実したものになっています。 (詳細→http://www.earthcaravan.jp/ec2017/ec2017_MEtour.php ) (写真は昨年の様子)   タオ療法の施療者ブログなのに、アースキャラバンのことばかりだな、と思っている人もいるかもしれませんね。(知り合いからも「なんでなん?」と聞かれました笑)...

続きを読む

最近、最もツイテた話し。

最近、最もついてた話し。 ゴールデンウィークにアースキャラバン京都があった。 節約して行きは京都までバス、帰りは新幹線で帰ることにした。(帰りは疲れてヘロヘロだろうから、7時間も8時間もバスに揺られて帰るのはシンドイ) 出発の3、4日前にバス会社から電話があった。 「大変申し訳ありませんが、集合場所ですが、川崎駅前から、新宿駅前のバスタ新宿に変更になりました、、云々、、よろしくお願いします、。」 横浜の自宅からだと、新宿は川崎より20分ほど遠くなった訳で、まあ、文句を言ってもしょうがないので承知した。...

続きを読む

幸せは相対を超えたところからしか生まれない

このタイトルは、昨夜の法話ライブで印象に残った言葉。 そして、自分の内奥から湧き上がってくる幸福感は、相対を溶かしていくのだと。 その通りだと感じる。 私たちは、あらゆることを相対として認識している。 自分と誰か、外と中、光と陰、良いことと悪いこと、出来ることと出来ないこと、などなど。 認識をするということはそのようなことでもある。 ところが、それはともすれば比較をつくる。評価をつくる。 それがポジティブで肯定的なものならば、未来に対する良きモチベーションになるだろう。...

続きを読む

SHARE!〜アースキャラバン2017 京都を終えて〜

5月3、4日、京都・梅小路公園にて行いました、「アースキャラバン2017 京都」。 おかげさまで盛会のうちに終えることができました。 ご来場いただいたみなさま、支援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。 本当に素敵な出店者さん、出演者さん、ボランティアさん、そして参加していただいた来場者さんに囲まれ、それぞれが同じ願いを持って、できることや持っているものを「SHARE!」して創り上げた2日間。 会場は本当に軽やかで、居心地のいい氣で満たされていました。   印象的なシーン...

続きを読む

いのちは自他の交流で成り立っている

今夜の法話ライブで印象に残ったのが、「いのちとは自他の交流で成り立っている」という言葉。 そして、「存在とは、コミュニケーションである」という言葉。 それを聞いて、以前ブログで紹介した吉野弘さんの「生命は」という詩を思い出した。               「生命は」  吉野弘 生命は 自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい 花も めしべとおしべが揃っているだけでは不十分で 虫や風が訪れて めしべとおしべを仲立ちする 生命はすべて...

続きを読む

アースキャラバン京都

快晴に恵まれた3日、世界から争いを無くしたい、パレスチナやバングラデシュのラカイン族の人々の笑顔が見たい、 そんなイベント、アースキャラバン京都が梅小路公園で開催された。 何故か、アースキャラバン会場は、気が軽く心地よい。これは五月晴れのせいだけではないと思う。 何故だろ?、多分、出店者さん全員の方がアースキャラバンの主旨に賛同なさり売り上げの50%をチャリティして下さっている、からだと思う。 売り上げの50%をチャリティーするイベントなんて他にないかもしれない、。 もしかしたら、儲けは、0円になることだってある。...

続きを読む

広島原爆の残り火「平和の火」を運ぶ

広島原爆の残り火とされる「平和の火」を自転車でリレーして運ぶ「アースキャラバン・ピースサイクリング」が、今年も広島をスタートしました。   ※「平和の火」については、こちらに詳しく書いています。 http://taoshiatsu.com/ja/heiwa-no-hi/       このピースサイクリングは、今年で3回目になります。 毎年、福岡県八女市(旧星野村)に保存されている「平和の火」を採火しておこなわれます。...

続きを読む

苦痛は抱きしめて初めて融ける

「苦痛は戦うて勝てるものではない、 打つたからとて砕けるものではない。 苦痛は抱きしめて初めて融けるものである」   放浪の俳人と呼ばれた種田山頭火が残した言葉だそうです。   私たちは、苦しみや痛みから逃れようとして、戦ったり責めたりしてしまいがちですが、それではかえって苦しみや痛みを増やすことになりかねません。   苦痛は抱きしめて初めて融ける・・・ この言葉は、タオ指圧の心と通じるものがあります。   タオ指圧では、ツボは相手の心に痛みに触れることが出来る一点であると捉えています。...

続きを読む

鎖につながれた象

ずいぶん前に参加したある心理学のセミナーで聞いた「鎖につながれた象」という話をふと思い出しました。 小さい頃から鎖で杭につながれて育てられた象は、そのときに杭から逃げようとしても逃げられなかった経験から、自分はこの杭からは逃げられないと「思い込んで」しまう。 やがて大きくなって、もう杭から逃げることが出来るのに、それは「出来ない」ことと諦めてしまっている。 この話を詳しく知りたくて調べてみたら、出典は、めるくまーる社の「寓話セラピー」(ホルヘ・ブカイ著)ということがわかりました。  ...

続きを読む