科学は霊と出会ってひとつになる(ヘレンケラーの言葉)

タオ療法の中河妙水(なかがわなりみ)です。

お元気でお過ごしですか?

暑い夏がやって来つつありますね。
夏風邪をひいて体調を崩している人が多いようです。
できれば毎日、熱すぎないお湯にからだを沈めて、冷房で冷えたからだを温めると、心身が静まってきますので、おすすめです。

科学は霊と出会ってひとつになる(ヘレンケラーの言葉)

 

今日は、「人間が、互いの幸福に責任を持つようにならない限り、世界は変わらない」という、ヘレンケラーの言葉を紹介したいと思います。

ご存知のように、ヘレンケラーは、2歳にも満たないころ、高熱で視覚、聴覚のすべてを失いました。ですから、話すこともできず、また、まともな躾もされなかったんです。

7歳の時に家庭教師のサリヴァン先生と出会い、彼女の人生は変わったのです。

ヘレンケラーには、ヒッツ氏という支援者がいました。元ワシントン駐在のスイス総領事で、その後、聾者のための雑誌「ヴォルタ・レヴュー」のヴォルタ局局長に就任した人です。

ヘレンは、ヒッツ氏と13歳で出会い、永い間、点字で文通していました。そしてヒッツ氏が、科学者・神学者・思想家であり、西洋における霊界の巨人、スウェーデンボルグの著書を点字にしたことをきっかけに、その著作に没頭しました。

その主な内容は、スエーデンボルグが昏睡状態となって霊界に入って体験した見聞録です。スエーデンボルグは、これらの著作を、匿名で出版していたのです。

その霊界の記述は、まるで仏教で説いてきた地獄・餓鬼・修羅などの世界。

日本では、世界的な仏教学者の鈴木大拙師が、最初に翻訳しました。

ヘレンケラーは、スウェーデンボルグの教義に感動し、生涯に渡り生きる指針としました。

私がなぜ、先のヘレンケラーの言葉をご紹介したかったのか?

それは、ヘレンケラーは、「自分が他人から受けた無償の行為で得たもの全てを、個人を超えた、他の幸福のために捧げたのではないか」と思ったからです。

また私は、ヘレンケラーが、「人生の助けになった」と語っている、スウェーデンボルグの言葉を読んでいたく感動しました。

それは、以下のようなもので、私は東京/京都の和田寺タオサンガセンターで開催している、「希望の火&タオ指圧/HOPEワークショップ」で、参加者の方々が体験することと同じことを語っている、と思ったのです。

『出来事が外側からやって来るというのは誤りです。でもこれは、常識になってしまっています。

しかし、自分の外側で起こっていることを認知するのは内側の人間(注:個人の無意識のこと)で、感覚的な経験は、これを源泉として、はじめて生きたものになるのです』

ヘレン・ケラー ウィキペディアリンク

※スウェーデンボルグ ウィキペディアリンク

参考文献:『私の宗教』ヘレン・ケラー著 未来社

ところで、霊的存在と生きる(5)どうして霊界についてバラし始めたのか? (遠藤喨及ブログ)が、私的にはとても面白かったです。

「怪しげなグルに頼って、人生間違えるぐらいなら、自分自身で霊的世界と向き合うべきであろう。」(本文より)これは、来るべき時代に向けての、メッセージかも知れない、と思いました。

記:中河妙水

 10代の頃から、人間存在の不思議への探求心が強く、美術、心理学、東洋医学、仏教を学ぶ。 やがて「タオ指圧」の本に出遭い、”これしかない!”と感動。2001年から毎月、タオ指圧修行のため、北海道から東京まで通い続けた。 東京に移住後、東京のタオ指圧センターで臨床に従事するようになる。 特技は、ものまね/演技(元演劇部)で、趣味はガーデニング。東京センターのガーデン造りを、仲間と共に楽しんでいる。

10代の頃から、人間存在の不思議への探求心が強く、美術、心理学、東洋医学、仏教を学ぶ。

やがて「タオ指圧」の本に出遭い、”これしかない!”と感動。2001年から毎月、タオ指圧修行のため、北海道から東京まで通い続けた。

東京に移住後、東京のタオ指圧センターで臨床に従事するようになる。

特技は、ものまね/演技(元演劇部)で、趣味はガーデニング。東京センターのガーデン造りを、仲間と共に楽しんでいる。

関連記事

  1. Salt Bath

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol.8

  2. 7月、8月のイベントピックアップ

  3. 音楽と治癒

  4. 希望の火通信〜タオ療法編〜(2023.1) 人が変わる時 ~…

  5. 利他の種まきで世界を変えよう!

  6. 秋のイベントピックアップ