臨床家

「心身ともに元気(宇宙本来の氣)が戻り、より善い人生となることを信じ施療させていただいています。お一人で悩まれず、些細なことでもご相談ください。」

のもと ゆうこ
野本 ゆうこ
京都タオサンガセンター
英国留学後、さまざまな道を模索し、ヨーロッパ、中米、インドなどのアジア諸国を長期に亘って旅をした後に帰国。介護職を経て、東洋医学のエッセンスであるタオ療法の道に入る。

 

「あなたの持つ可能性が思う存分発揮され、あるがままで元氣に幸せに生きていけることを願って、一圧一圧心を込めてさせていただきます。」

ばんば さんの
馬場 山往
京都タオサンガセンター
琵琶湖近くの農村で育ち、祭り、民謡などの文化を愛する。かつてバックパッカーとして、おもにアジアを旅する。長年、タオ療法を学び修行し、現在は臨床に従事。和田寺の平和活動においても情熱的に活動している。

 

いのちの喜びを感じていただけるように尽力します。

なかがわ なりみ
中河 妙水
東京タオサンガセンター
学生時代から美術、心理学、東洋医学、仏教への関心と学びを続ける。 2001年から東京タオサンガセンターでタオ指圧の修養のため、北海道から通い続ける。 2007年に中伝を修了し、現在は東京初伝クラスで指導員を勤める。 趣味はボードゲームチャトランガとガーデニング。 東京タオサンガセンターのガーデン造りを、他のメンバーと一緒に楽しんでいる。

 

どんな状況でも諦めず、気軽に来てください。明るい未来を共に切り拓きましょう

なら あみ
奈良 晃命
東京タオサンガセンター
大学で国際協力、途上国支援に興味があり、開発経済学を学ぶ。
一般企業に勤めながら、民間療法や環境問題、社会問題に関心を持ち、アートセラピー、野口整体を学ぶ中、タオ指圧に出会う。その教えに感銘し、命に深く触れる仕事をしたいと思い、会社を辞め、看護師・助産師資格を取得。総合病院(産婦人科)や産婦人科クリニックでお産に携わる経験を持つ。
それらを経て、現在ではタオ療法の臨床家となる。
NPO法人アースキャラバンでは支援活動も行っている。

 

あなたの可能性だけを信じて全身全霊で施療させていただきます

おもり みく
大森 未久
東京タオサンガセンター
高校時代から「人はどうしたら健康になれるのか?」に興味があり、大学では栄養学を学ぶ。さらに鍼灸専門学校にて鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の資格を取得する。その後、タオ療法に出会い修行を続け臨床家になる。

 

症状のカテゴリー