新たな時代の風が吹いた氣と心のがっこう

2024年3月下旬に東京で今年度初の氣と心のがっこう(希望の火/HOPEワークショップ)を開催しました。

今回は、開催の告知よりも前の段階からワークショップへの問い合わせが相次いでおり、不思議な熱気を感じていました。

初めは何が始まるのだろうと、少し緊張した印象でしたがすぐにリラックスした雰囲気になりました。
実際のワークでは、参加者みなさんの氣に対する感性が開かれており、
ワークから感じられる実感が今まで以上にクリアで深まっているようでした。

(実際のワークの内容についてはこちらのブログをご参照ください)

最後は、参加者全員で、希望の火に良き未来への願いを祈り込めます。

するとその場がワークショップが始まる前よりも、明るく、輝いているように見えました。
そして心身も暖かく優しい氣に満たされているのを感じました。

人々の心に利他が喚起されると、このような暖かな世界になるのだということ、そしてそれは遠い世界のことではないのだと改めて実感し感動しました。

氣や、利他、祈りは本来特別なものではないのですが、これまでは特別なもののような、
日常とはちょっと距離のあるもののような感じがしていました。

しかし、今回の開催では、氣、利他、祈りがより身近に当たり前になっていくような、時代の変化を感じました。


ぜひ、一人でも多くの方にこの心身がほどけるような心地よさと、

心とイメージ、利他の心が世界を変えるということを実際に体験していただきたいと思います。
(次回開催は京都は5月26日(日)、東京は7月の予定です。)

ーーーーーーーー

参加者の感想

○祈りの力を実際に体感し、驚きました。
生きとし生けるものの幸福を願うことが、こんなにも、私の芯を大地にしっかりと根付かせてくれるなんて!!

○ワークショップ終了後、とてもリラックスし、眠くなりました。
他者の幸福を願うことで、自分の心身が、いかに安定するか実感できました。
「すべては心である」という認識を得ることができました。

○『タオ指圧入門』の本から、こちらにたどりつきました。
氣には興味がありましたが、今日はワークで体験できてよかったです。
もっといろんな方に知っていただきたい内容ですね。

○タオ指圧を受療するようになってから、氣というものを、だんだん意識するようになりました。
氣の反応を体験し、驚きと楽しさを感じました。
祈りの力を知って、目からウロコです。

○気のパワーを体験し、実感でき、すごく感動し、楽しく参加できました。

○「利他」について、学びになった時間でした。
今日の体験で、自分は思っていたよりも人間嫌いが根っこに残っているのを感じました。
そのようなネガティブさを転換することも学びました。
深めていきたいと思いました。

○とても楽しい時間でした。
入門修練クラスも楽しみにしています!

○「想い」の持つ力を体験できました。
相手や自分の身体が、心持ちによって変化するというのを体験できました。
仕事柄、解剖学的な勉強ばかりになっていたので、新鮮な学びになりました。

○難しそうな真理は、ほんとうは一番シンプルなのかもしれないと思いました。

関連記事

  1. 芦屋市民センター1

    芦屋で Hope ワークショップ開催

  2. Hope ws Eng 1

    イギリスからHope ワークショップへ参加

  3. 体験談

    ワークショップ体験談

  4. 「希望の火」&タオ指圧 WS

    HOPEワークショップ 〜世界を変える、運氣を上げる〜(関…

  5. 3月、4月のイベントピックアップ

  6. 7月、8月のイベントピックアップ