帯状疱疹にご注意を

 

なぜか急増している帯状疱疹

帯状疱疹になった芸能人のニュースを時おり聞きます。

例えば、タオ指圧を創始した遠藤師たちが、家族ぐるみで付き合いのあった、歌舞伎役者の片岡仁左衛門さんのニュースもありました。

その他、ざっとわかるだけでも、ハイヒールモモコさん、石田純一さんなど、12人ほどの名前が上がっています。

どうやら各地で急増しているようで、これは世界的な傾向です。

症状と原因

人によっては、眠れないほどの激しい痛みが出ることもあります。

また、身体の左右、どちらかに赤い斑点と、水ぶくれが集まって帯状になるので、この病名で呼ばれています。

原因は、免疫力の低下と言われています。

その結果、『水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)』が再活性化したからだそうです。

なぜ、コロナ禍に増加しているのでしょうか?

様々な説があってよく分かりません。

例えば、「新型コロナに感染したことによって、免疫細胞がダメージを受けたからだ」という人がいます。

また、「​​​​​​コロナ禍の心理的ストレスで、免疫力が低下したからだ」という人もいます。

その他、「ワクチン接種によって、一時的に免疫低下が生じた」という人もいます。

これは、ワクチン接種した110万人と、接種していない110万人を比べると、帯状疱疹になる確率に違いがあるからです。

調査報告では、接種している人が帯状疱疹になる確率が、していない人に比べて1.8倍多いのです。

う〜ん……..原因に定説はないものの、考えてしまいますね。

すでに世界は、ウィルスとの共存の方にカジを切っています。

そんな中でも、果たして私たち日本人は、今後もワクチンを接種し続けるのでしょうか?

定説がないなら、各自による、慎重な判断が求められている、ということですね。

関連記事

  1. 希望の火通信〜タオ療法編〜(2023. 2)

  2. 秋の味覚

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol. 29

  3. 7月、8月のイベントピックアップ

  4. あいうべ体操

    タオ療法通信〜癒しの響き〜vol.17

  5. 6月、7月のイベントピックアップ

  6. 宇宙の構造

    希望の火通信〜タオ療法編〜(2022.10)